カードローンとはなにかを詳しく説明します

最近はカードローンを取り扱う金融業者が増えてきました。以前はカードローンというと消費者金融が圧倒的に多かったですが、最近は銀行や信用金庫でもカードローンを取り扱う所が増えてきています。カードローンは金融業者から借入をおこなうものだということは、ほとんどの人が知っていますが、正確にカードローンを説明できる人は少ないでしょう。カードローンとは、担保や保証人を必要としない個人向けの融資のことで、自動車ローンや住宅ローンのようにあらかじめ使い道が決まっているものではありません。使い道は自由ですが事業資金には使えないので気をつけてください。個人の信用を重視してお金を貸すので、審査もかなり厳しくなります。返済能力を重視するので収入がまったくない人は融資を断ることが多いです。カードローンの審査では、収入の多さよりも勤続年数を重視します。

勤続年数が長い方が安定した収入があるというのが理由でしょう。なので収入が少ないアルバイトやパートでも、勤続年数が長く毎月決まった収入があれば十分カードローンの審査に通ります。正社員で収入が多くても、勤め始めて間もない人は安定した収入とはみなされす審査に通ることが難しいです。最低でも半年以上働いてからカードローンに申込むといいでしょう。カードローンは限度額を最初に決めますが、この限度額がとても大事になります。限度額の範囲内なら返済の途中でも何度でも借入ができますが、限度額が低いとすぐに限度額いっぱいになり思うような借入ができなくなります。逆に限度額を高くしすぎると、ついつい限度額いっぱいまで借入をしてしまうので、気が付くと返済が追い付かなくなり苦しむことになります。最初に限度額を設定する場合は、無理のない範囲で返済できる額にするといいでしょう。カードローンの返済方法は、いろいろありますが毎月決まった額だけ払うリボ払いが人気があります。余裕がある時は一括払いやボーナス払いなどを利用するとより返済が楽になります。

カードローンの利用と審査を受ける事

カードローンは専用のカードを利用して行うローンの事です。カードを発行してもらえれば限度額の範囲内で何度でも自分の都合に合わせて借り入れができます。もちろん融資を希望する度に金融機関に申込みをする必要はなく、返済途中でも追加融資を受ける事が出来る方法です。ただ誰でも利用できるわけではなく利用するに当たって金融機関の審査を受けなければいけません。そこで金融機関はその人に融資しても大丈夫かどうかを調べ、大丈夫だと判断した時に融資が決定されカードが発行されます。審査自体は窓口や無人契約機だけでなく、現在ではインターネットを利用して行う事もできるようになっており、利用者にとって便利なスタイルに変化しています。審査の最終段階では在籍確認が行われています。専用のカードは窓口、若しくは無人契約機を利用して申し込みをした場合はその場で発行してもらう事ができますが、インターネットの場合はそうはいきません。

この場合は指定した口座に振込をしてもらう形をとるか、専用のカードを後日自宅まで郵送してもらう事になります。郵送については差出人が金融機関だと分からないように配慮してもらう事も可能です。審査に要する時間はその金融機関によっても違っており、消費者金融の場合は最短で申し込みから契約まで30分と言う所もあります。即日融資を行っている所も多く、急な出費がある場合でも利用しやすいシステムです。銀行の場合は消費者金融に比べると審査に要する時間が長くなっていますが、その分しっかりと調べる事が出来るという点から金利が少し低めに設定されやすいというメリットがあります。また現在では銀行の中でも即日融資を行っている所も出てきています。正しく融資を行う為には、カードローン以外の融資でも審査を行う必要があります。その金融機関は正しい営業をしているかどうか、優良かどうかという事は、審査が行われているかどうかという事でも判断する事ができます。

カードローンは返済方法を変えると利息が低くなる

カードローンを利用するときには、毎月の返済額だけ見るのではなく、返済の総額、毎月の返済額の利息、利息の総額も合わせて考える必要があります。毎月返済額が少なくても、長い期間ダラダラと返していると利息が大きくなって必要以上に大きな金額を払うことになります。カードローンの返済方式で1回払いできればいいですが、それは稀なケースです。普通は分割払いかリボ払いのどちらかで返していきます。分割払いは3回や12回などのように、決められた回数分けてお金を返していきます。分割払いだと返済回数をあとで変更することはできないので、注意が必要です。

分割払いには、元金均等返済と元利均等返済の2パターンがあります。このうち、利息の支払いを抑えることができるのは前者です。毎月返す金額のうち、元金の部分を固定して、それに加えて利息を支払って行くやり方です。初回に返す金額が大きく、だんだん金額が小さくなっていきます。元金の減りが早いですし、利息の負担総額を小さくすることができます。リボ払いは支払い回数は決めずに、月々一定額に利息を加えたお金を返していきます。新たに借入したとしても、一定の範囲内であれば返す金額は同じですが、債務が増えていることを意識しづらくなるので、返し終わるまで期間がかかりやすく、金額が大きくなりやすいです。計画的に返していける人であればリボ払いもありですが、翌月にはまた借入してしまうような自転車操業の人には不向きです。毎月支払える金額というのは人によって異なりますから、自分が無理なく返せる方法を選んで、できるだけはやく返すようにしましょう。最近ではネット上で返すまでのシミュレーションができるウェブ上のサービスもあるので、使ってみて計画を立てて行くといいです。一番避けたいのは、ダラダラといつまでも返すまでの期間を延長してしまうことです。これではいつまでたっても返し終わらないので、気を付けましょう。

カードローンの返済を理解しよう

カードローンの返済をよく理解している人と、そうではない人では歴然の差が生じることになります。そうなると最終的に困ってしまう人は契約をした人になることから、よく理解するべきことです。お金を借りたら返済をしなければなりませんが、カードローンになればそれ以上のものが付与されます。問題を引き起こす存在こそ金利になることから、よく理解しておくべき存在です。カードローンでお金を借りれば、必ず利息が付きます。金融機関によってそれは異なりますが、消費者金融であれば18%、銀行カードローンになると14%になることから、少しでも負担を軽減したいのであれば、どちらを選べば良いのかは一目瞭然です。

このように申込をするときに、金利の負担を減らせる方法がありますので、よく金融機関を吟味して選ぶことが大切です。また返済ができなくなった時のことについて知っておきましょう。もし返すことができなくなれば、カードローンの利用停止処分が下されることも。そうなると返済だけのカードローンになってしまいます。ただそれだけではなく、他に大きな影響を与える可能性があることも知っておきましょう。ブラックリストになってしまえば、カードローンはもちろん、他のローンも利用できなくなる可能性があります。返済を怠ることによってビハインドが生じることになりますので、よくよく理解したうえで行わないといけません。返済を怠ることが怖いことであることを理解しておきましょう。返済のことをよく知らなければ、後悔してしまうのは契約をした人になります。お金を借りることができたことで、有頂天になってしまうことも多いですが、後で返済が待っています。そのことを考えた契約をしなければなりません。できれば金利が低いカードローン、そして滞ることがないような計画を立てた利用をすることが大切です。それができなければ、後で後悔することになりかねませんので、十分注意してください。

キャッシングを甘く見てると、地獄を見ることになりますよ。

私はキャッシングをしています。 本当に困ってるときは、助かりましたが やはり自分の稼いだお金ではないからか すぐに使いまくってしまいます。 だから、その後の返済が本当に大変でした。 テレビのコマーシャルでもよく言っていますが、やはりキャッシングにしてもお金を使う時は計画的に使わなければならないということです。

しっかりと返済の目処を立ててから返せる分だけ借りないと、借金地獄になります。 やはり無利子ではないので、利子がそれなりに高いからです。 毎月の返済金額が最小限ならば、
ほぼ利子に取られるだけで元本はほとんど減っていません。 それを何年も続けていると、50万円借りていたのに、最終的には80万円で完済ということになるのです。

これはまだましな方で、酷いときには返しては借りてを繰り返し最終的には100万円越えになる事もあるからです。 よくテレビとかでは弁護士の無料相談をして、「借金がなくなって、もしかしたらお金も返ってくるかも?」なんてやっていますが、あれは任意整理をするので やってしまうとブラックリストに載り、ローンの類いは一切できなくなってしまいます。 だからこそ、計画的に借りる事が重要になってくるのです

利子が高いと言っても、キャッシングをする時にどんだけ利子が高いかは書類を見たらわかるのですが、その時はお金を借りれる喜びで、すぐ返せるから大丈夫だと安易に考えてしまうのです。

しかし、一度キャッシングという便利なものを覚えてしまったら 一度目はしっかり返済して、完済しても またキャッシングしてを繰り返し、最終的には返済が困難になってくるのです。
やはり、キャッシングは楽ですからね。 汗水垂らして仕事しなくても、お金があるんですもの。
たとえそれが自分のお金じゃなく、借りたお金でも、自分のお金だと錯覚してしまうのです。
キャッシングは、確かに便利だと思います。

ですが、本当に計画的に借りる事が出来ないのであれば、安易にキャッシングするのはやめた方が良いと、私は思います。 なぜなら、私は今三度目の地獄を見ているからです。

どんな時でも親は子供の味方なのだと実感しました

僕は昔キャッシングをしたことがあります。 その理由は車の免許をとるための費用だったのですが実際には別の使い道に使ってしまったのです。当時の僕は家がとても厳しかったせいか親が共働きをしているのにもかかわらず毎月お金がないと騒いでおり僕はいたたまれなくなり自分の部屋に引きこもるのが日常茶飯事でした。実際に高校も一時的にいかなくなり休学したことさえあります。

そんなぼくが自立したいとおもいバイトをはじめたのですがそんなうまくお金もたまるわけではないのでバイトがない時はほぼ家にいる状態でした。何も状況が改善されていないと感じた僕は車の免許さえあれば好きな時に自由に外に出れるとなぜだか思ってしまったのです。

当時は車は父親の車を勝手乗ればいいやと思っていました。そしていざ免許を取ろうと思って調べると自分の手持ちでは到底無理なことを知りました。それでもあきらめきれなかった僕は生まれて初めてキャッシングをしました。案外簡単にできてそしてあっという間のことだったので全く実感もわかずにただただ初めて手にした大金に舞い上がってしまったのです。

そして教習所に契約しに行かずにそのまま遊んでしまったのです。まずは父親がたまに行ってて気になっていたパチンコに行きました。正直底まで楽しさなどは感じられなくてすぐに出ました。次はほしいものを買おうと思いショッピングセンターに行ったのですがいざ冷静に考えると全くほしいのが浮かばずに帰ってしまいました。

そして僕は一番馬鹿なことをしたのです。 それは好きな女性に貢ぐことです。当時付き合ってはいませんが好きな方がいてたまに出かけたりしていたのですがその際に全てのお金を僕が払いそしてしょっちゅうプレゼントをしていました。すると1か月もしないうちにお金は無くなり彼女からの連絡も途絶えました。そして返済の充てもないので結局は親に泣きついて助けてもらいました。本当に情けなかったです。

小規模な個人経営の賃金業者の取り立て方法

個人に担保も取らずに信用だけで、お金を融資してくれる企業はすごくたくさんあります。そんなキャッシング業者は、融資だけを専門とする賃金業者である消費者金融業や、信販や、クレジット企業と言う分類と、そして融資や預金や為替などを取り扱う金融業の銀行系カードローンとあります。

その融資を専門としている賃金業者の方では、大手や、個人経営の小規模企業などがあります。そして賃金業としてきちんと全うに登録もしていないで、融資の業務を行っている企業はブラック企業と言います。

この中で、賃金業者としてきちんと登録している個人経営の小規模な企業は、大手の企業と違って予算も少なく、TVCMなどで全国的に宣伝していないので、知名度も低いです。それで自動的に人が集まって来る事が少ない為に、顧客集めも大変でしょうが、経営も大変です。

だから取立てとなると必死な状態になると思います。資金が回るように試行錯誤している状態ではあると思います。そして、知名度が低い分、審査を甘くして融資する場合が多くあるので、返済出来ない人も抱えてしまう恐れもあって、危険な状態になります。

それで、個人経営の生引き賃金業者は、取立てにしつこいようです。何故ならば、債務整理や破産をしてしまうと、貸したお金を回収できなくなるから、それをされないように度々連絡をしてくるようなのです

家に何度も来て、様子を見に来たり、暴言までは言わないけれど、何時返済するのかっと、強い口調では話をします。そうでないと、返済して貰わないと企業が回っていかないからです。このような企業は、ブラック企業ではないので、返済が遅れたからと言って、莫大な利息を上乗せする訳ではありませんし、法律に添ったまっとうな経営をしているのですが、返済を滞らせる事を防ぎたいのでしょう。夜逃げされないかどうか、破産して支払い不可能な状態にならないかどうか、そうならない為に、しつこく訪問したり、電話などの連絡をしたりするのです。

事故があった方でも借りれているケースが多々あるフクホー

金融商品の利用者の状況は色々で、事故経験者もいらっしゃるのです。そしてそのような方々は、一般的には少々難しい傾向があります。 そもそも金融会社としては、過去に事故を起こしてしまっている方々を敬遠している事が多いのですね。最終的にお金を返してもらう事で成り立っているビジネスなのですから、会社としては返す力を大変気にしている訳です。

そして過去に金融事故が発生している方の場合は、その返済力を疑われてしまう場合があります。それが理由で、断られるケースも度々あるのです。 しかし、それも金融会社次第なのですね。すべての会社がそのような方々を断る訳でもなく、会社によってはそのような方でも借りれる事があるのです。

具体的に申し上げると、フクホーです。その会社は、金融業界では比較的有名なようですね。ちょっと中小規模の会社になりますが、前述の事故を起こした方々でも借りる事ができている事例があるのだそうです。 またこの会社の場合は、士業に相談をしている方でも借りれるケースも見られます。人によっては過去の金融事故に伴い、減額手続きなどを行っている方も見られるでしょう。いわゆる任意整理ですね。

ところがフクホーの場合は、過去にそのような手続きを行っている方でも、借りれる事例はあるのだそうです。実際フクホーの公式ページにも、整理手続きで困っている方は一度相談してみて下さい等と明示されています。という事は、その会社では金融の事故を起こした方でも、借りれるケースが多いにあるのですね

ですので他の会社で断られた場合でも、試しにフクホーで申し込みをしてみると良いでしょう。比較的高い確率で審査に通る傾向があるので、一度は試してみるのが良いと考えられます。
なお申し込みのための手続きは、他の会社とほぼ同じですね。銀行などと同じく、身分証明書も必要になります。ただしフクホーの場合は、保険証のみになります。免許証などは無効ですので、要注意です。

レイクによるキャッシングは手数料と30%規制のメリットが

ここ最近では、レイクという会社の広告を見かけるケースが増えてきました。私がよく行く東京のある場所でも、その会社の建物が立地しています。かなり大きな看板を出していますので、とても目立ちますね。

ところでその会社による融資商品には、主に2つのメリットがあります。まず手数料ですね。その会社から借りる場合は、初回は手数料が無料になるのです。 当然ですが本来その融資商品を利用するとなると、年間のパーセンテージでの手数料が発生する事になります。たいていの会社では、それが18%などと設定されているのです。その数字は、決して軽視できないでしょう。

ところがレイクの場合は、第1回目の利用時には、それが無料になるのですね。所定の期日以内に全て返すことができれば、実質的に手数料が発生する事はありません。ですので必要な手数料を極力抑えて借りたいと思っているのであれば、その会社の商品を利用すると良いでしょう。

またその会社の場合は、借りる事ができる金額に関するメリットがあります。比較的大きな金額を借りる事が、可能なのですね。 そもそもレイクという会社は、新生銀行がバックにあります。銀行による融資商品の場合は、30%のルール規制を受けないのですね。

例えば現在の所得が、年間300万だとしましょう。そのような方々は、賃金業者から借りる事ができる最大額は、基本的に90万に限定されるのですね。300万の30%に相当する金額までに、限定される事になるからです。 しかしそれは賃金業者の話です。

レイクの場合は賃金業者ではなく、新生銀行がバックにあるのですね。そのような会社の場合は、3割のルール規制を受ける事がありませんので、比較的まとまった資金を調達する事も可能なのです。

そして人によっては、できるだけまとまった資金を確保したいと考えています。そのような時に30%の規制で借りれるのは大変悲しいですが、レイクの場合はまとまった資金調達も可能なのですね。 つまり手数料と30%の規制外という2点が、その会社のキャッシングの主なメリットです。