カードローンとはなにかを詳しく説明します

最近はカードローンを取り扱う金融業者が増えてきました。以前はカードローンというと消費者金融が圧倒的に多かったですが、最近は銀行や信用金庫でもカードローンを取り扱う所が増えてきています。カードローンは金融業者から借入をおこなうものだということは、ほとんどの人が知っていますが、正確にカードローンを説明できる人は少ないでしょう。カードローンとは、担保や保証人を必要としない個人向けの融資のことで、自動車ローンや住宅ローンのようにあらかじめ使い道が決まっているものではありません。使い道は自由ですが事業資金には使えないので気をつけてください。個人の信用を重視してお金を貸すので、審査もかなり厳しくなります。返済能力を重視するので収入がまったくない人は融資を断ることが多いです。カードローンの審査では、収入の多さよりも勤続年数を重視します。

勤続年数が長い方が安定した収入があるというのが理由でしょう。なので収入が少ないアルバイトやパートでも、勤続年数が長く毎月決まった収入があれば十分カードローンの審査に通ります。正社員で収入が多くても、勤め始めて間もない人は安定した収入とはみなされす審査に通ることが難しいです。最低でも半年以上働いてからカードローンに申込むといいでしょう。カードローンは限度額を最初に決めますが、この限度額がとても大事になります。限度額の範囲内なら返済の途中でも何度でも借入ができますが、限度額が低いとすぐに限度額いっぱいになり思うような借入ができなくなります。逆に限度額を高くしすぎると、ついつい限度額いっぱいまで借入をしてしまうので、気が付くと返済が追い付かなくなり苦しむことになります。最初に限度額を設定する場合は、無理のない範囲で返済できる額にするといいでしょう。カードローンの返済方法は、いろいろありますが毎月決まった額だけ払うリボ払いが人気があります。余裕がある時は一括払いやボーナス払いなどを利用するとより返済が楽になります。