レイクによるキャッシングは手数料と30%規制のメリットが

ここ最近では、レイクという会社の広告を見かけるケースが増えてきました。私がよく行く東京のある場所でも、その会社の建物が立地しています。かなり大きな看板を出していますので、とても目立ちますね。

ところでその会社による融資商品には、主に2つのメリットがあります。まず手数料ですね。その会社から借りる場合は、初回は手数料が無料になるのです。 当然ですが本来その融資商品を利用するとなると、年間のパーセンテージでの手数料が発生する事になります。たいていの会社では、それが18%などと設定されているのです。その数字は、決して軽視できないでしょう。

ところがレイクの場合は、第1回目の利用時には、それが無料になるのですね。所定の期日以内に全て返すことができれば、実質的に手数料が発生する事はありません。ですので必要な手数料を極力抑えて借りたいと思っているのであれば、その会社の商品を利用すると良いでしょう。

またその会社の場合は、借りる事ができる金額に関するメリットがあります。比較的大きな金額を借りる事が、可能なのですね。 そもそもレイクという会社は、新生銀行がバックにあります。銀行による融資商品の場合は、30%のルール規制を受けないのですね。

例えば現在の所得が、年間300万だとしましょう。そのような方々は、賃金業者から借りる事ができる最大額は、基本的に90万に限定されるのですね。300万の30%に相当する金額までに、限定される事になるからです。 しかしそれは賃金業者の話です。

レイクの場合は賃金業者ではなく、新生銀行がバックにあるのですね。そのような会社の場合は、3割のルール規制を受ける事がありませんので、比較的まとまった資金を調達する事も可能なのです。

そして人によっては、できるだけまとまった資金を確保したいと考えています。そのような時に30%の規制で借りれるのは大変悲しいですが、レイクの場合はまとまった資金調達も可能なのですね。 つまり手数料と30%の規制外という2点が、その会社のキャッシングの主なメリットです。